ゲート6or10フロアAセクションで会いましょう 

BTSのすてきなところ。韓国ドラマやバラエティ。おしごとのこと。

BTS/『SOWOOZOO』にて披露?AgustD「大吹打/대취타(デヂッタ)」についてまとめてみる

f:id:henshuM:20210612002725p:plain

 

6月8日。BTS公式から流れてきたツイートに、おそらく世界中のARMYがざわついたはずだ。

 

 https://twitter.com/bts_bighit/status/1402191921716498446?s=20

 

で、で、「大吹打」の文字……だと!?!?!?

 

「大吹打」とは昨年AgustDが発表したミックステープの『D-2』のリード曲であり、唯一MVが制作された楽曲である。

 

6月13日に開催される『SOWOOZOO』にてもしかしたら披露されるかも?ということで、期待高まる一曲であるが、このツイートを目にしたとき、昨年のちょうど今時期『D-2』に関するビハインドのブイラが深夜に放送されていたのだけれど、そこで私はシングルモルトをストレートであおりながらのSUGAから出る、それこそ濃いストレートな恐ろしい言葉の数々に、「この人はファンをも試してはふるいにもかける人だ」と震えたのを覚えていて、

 

それを思い出してはあらためてブイラを見直したら……今の可愛いユンギちん(ユンギちんとは)を想いながら、当時のSUGA様(シュガ様とは)が、凄まじくて余計に震えてしまった。

いや……まじでコロナそしてSOOP以降、さらには手術後の現在のユンギさんって、どんどん可愛くなってんすよ……鬱っ気も抜けてさ……

そりゃ解脱感あって「仙人」と呼んじゃうよ!!!(すみません。私が一時期勝手にそう呼んでただけです)

 

ちなみに見返す中でVLIVEにて「解釈してないよね?」というSUGAの言葉があったので、自分がこの楽曲をより愉しむために、改めて曲やMVに関する「材料」を書き残していきたい。

 

●August D

BTS・SUGAのソロ活動名。
Dt SUGAを反対から表記らしい。Dtとは大邱townの意味でSUGAの出身地。

「Agust D」という名前で自己告白的な初のミックステープを披露したのが2016年8月。4年ぶりに新しい発表したミックステープが「D-2」。

 

●「大吹打」の日本語訳参照(※はらせていただきました)

 

●VLIVE内「大吹打」のついてのユンギ言葉書き起こし①

 

www.vlive.tv

 

まずこれは休暇の時に書きました。「ボンボヤージュ」の撮影をする前に長期休暇が1か月だったかな?1か月半かな?休暇をもらった時に書きました。あんまりやることもないし前にやったものと一緒に見ながら「大吹打」でサンプリングして曲をスケッチして送ってもらってからまたスケッチ。(中略)


「大吹打」というこの音楽を元々知っていました。幼い頃、こうやって…音楽の時間に習うんです、皆さん。でも王がお出ましする時、軍隊が行進する時、BTSとアーミー、だからすごく適切だと思って

 

そういう考えもなく「大吹打」ってかっこいいな…王がお出ましになる…かっこい!と思ってこうやってそう思いながら作業しました。

 

そして僕が、特に僕が罠を、音楽に罠を仕掛けるんです。家にゴキブリが出たら、ゴキブリを捕まえる罠みたいなものを置くじゃないですか?

 

そしたらゴキブリたちが来てそこで死ぬんです。その罠のうちの一つが「大吹打」。「어떻게 생각해(どう思う?)」と「大吹打」は罠です。(中略)僕はにやにやしながら見ています。

 


●「大吹打」の意味・行進参照

(※はらせていただきました)

~以下から引用させてもらっています~

bts0612army.blog.fc2.com

 

대취타 / 大吹打 

李氏朝鮮の王様が用いた軍隊音楽で、東洋には珍しく管・弦・打楽器を揃えた大規模な編成の行進曲のこと>

<■광해 / 光海李氏朝鮮の第15代国王の「光海君(クァンヘグン)」 のことだと、歌詞からして思われます。 第14代国王の側室が産んだ次男にあたる人ですが、正室(本妻)が産んだ子ではない為、王位継承から除外されるところ、正室から王子が生まれなかったので王位を継げるようになった。→つまり、低い身分から王になった光海のflow(背景)を自分のこれまでに例えてるのですね

●実際演奏された方の写真

cookieimu.exblog.jp

●罠であるらしい音楽のもうひとつ

●「어떻게 생각해」の日本語訳参考(※はらせていただきました)

 

ユンギはなかなかラッパーとして認められなかったそうだ。私は最近他グルを知るようになったので、まあ他のKPOP系のアイドルなラッパーもそうだとは思うんだけれど、ただ他と違うのは事務所の大きさでのバーター感・メディアでの扱いの圧倒的不利感は常にあったとは予想できる。

 

ここでのゴキブリの意味だけれど、アンチやユンギの曲にいつも難癖つける奴ら、同業者、そして軍隊に触れてきたりしては利用して儲けようとするマスコミもそうかな?そういう輩を誘い出す罠という意味かと思われる。

 

該当者たちがこの曲踏んじゃったら最後!みたいなね……我にかえらされては自分の無力さ、嫉妬や、やらかしに気づき死にかけになりながら、地団駄踏んじゃいそうですよね。もうどう見たってキングだもん。

痺れる。ヒリヒリします。

 

また「大吹打」の歌詞にておそらく自分をバカにしてきたであろう、お薬を使用していた他の人についても触れているが、ラッパーで調べたらまあそんな意見もあった。(この時期はたくさん出てきてたんですよね……)けど違うんじゃないかなあ……KPOPのなかでラッパーを名乗る人たちはそれぞれ苦しんでたのでは説が私のなかにある。が、事務所が大きい云々で考えたらようわからなくはなるし、ユンギやBTSが食らってきたバックボーンは私なんかにはわからないんですけどね……

 

●VLIVE内「大吹打」のついてのユンギ言葉書き起こし②

 

www.vlive.tv

私が震えたのはここからです。

 

僕が罠と表現したのは 心が痛む人たちは毎回学習していないんだね。

 

毎回そうやって心を痛めて…

 

 そうやって恨みを晴らすのか。

 

僕が「テン」で「僕の音楽はクソだよbae」と話ししたんですけど(頭を横に何度かふりながら)うまく理解できない

 

…………SUGA様!!!!!!!!

 

●땡(テン) 日本語訳参考(※はらせていただきました)

ちなみにテンの意味は日本語で「ブー」。はずれ!って意味。

 

 

心痛めてるの、はずれだって!!!!

 

ちなみにMVについてその後ビハインド話にてギミックの話やクリエイティブとしての過剰感(プロレスに例えたり)、製作費のお話など無茶苦茶面白いのですがここでは割愛して…

●MVの主人公、背景について

●とにかくこだわったのは対比。過去と現在、時代劇のセットと現代の高級な車。金髪のAgust Dと黒髪のAgust D

 

●金髪のAgust D=この子の別名は「怒り」(「黒髪についてはまだ今度のミクテで」※このあたり粋ですよね、たぶんこの時点ではユンギも答えが分かってない)

 

●「そして最後に銃を撃ちましたよね?」「銃を撃ちにいく間、正面からお互いに向かい合ってますよね」→あたったかどうかはわからないまま

 

これまでの上記の材料でユンギが何を表現したいのか、各々の解釈をお願いするとして……

 

あとこの時、実はアップルさんで情報解禁を間違えるみたいな失態もあって、ブイラで言っているのはそのことです。強気さにちょっと笑った。またこのブイラが終わったその数日後、ある問題になったのが『D-2』のなかの一曲だった。その辺は調べてもらえましたら。ちょっとそのコメントは疑問には思ったけど。

 

ちなみに、これは私の感想ですがこれ以降、どんどんユンギは私はまるくなっていったと思うし、だから「仙人」と呼んでしまっていたのかもしれないし、

 

henshum.com

 

ただ上記のブログに書いたように、私は黒髪の彼が真正面から向き合って撃ったものは、いまは中々に消えているんじゃないかとそう、考えている。

 

そしてほんとに規模感が違いすぎるし、大変申し訳ないなか、クリエイターの端くれな私がわずかながらわかるのは、怒りがクリエイティブの糧になってきた人は、どこかでそれが満たされたとしたら、つくり手としての今後の自分がきっと怖くなる。着地を考えてしまう。

けれど、コロナで当たり前かのようにあった表舞台に立てなくなった自分が虚しいと感じ、その先のファンの存在と自分の繋がりを改めて感じられたなら。またそれはポジティブなクリエイティブの力の種に繋がったのではないだろうか。

 

 

彼が次週もしこの歌を唄うとしたら。

 

怒りも、もしかしたら着地の不安も消えるくらい自分を肯定できた今のアイドルのユンギが、これほどまでにこだわってきた過去の、忘れちゃいけない怒りや嫉妬の自分を唄う姿を見られるとしたら、

 

それはやっぱり感涙ものなのだ。

 

 

ツイッターアカウントつくりました⭐︎ https://mobile.twitter.com/henshumblog