ゲート6or10フロアAセクションで会いましょう 

BTSのすてきなところ。韓国ドラマやバラエティ。おしごとのこと。

Filter/欲望に染まる、ジミンの中毒的な甘美を浴びよ

f:id:henshuM:20201029020458j:plain

 

 

フィルターがかかったようなぼやけた画面。ギターのカッティング音とともに次第に焦点が合っては、綺麗な薄い色の髪が輝く。

画角上、舞台上のおそらく片隅に、スタジオカメラマンならお馴染み白い「ハコ」に座る彼が現れた。

はだけた黒シャツの衣装に身を包み、ヘルセットをしたBTSのJIMINは、薄暗くて青紫のライティングを受けながら、ソロ曲を歌い出す。

 

君の退屈な表情 退屈なつま先  今だけは僕を見てよ

 

 

ジミン越しの背景、舞台中央に映るのは、服を着た一体のマネキンだ。中低音が目立つ、セクシーなその声を響かせながら、マネキン近づいていく。

マネキンにかけられたスカーフ、帽子、長い羽織を踊りながら、彼はひとつずつ、自らの体に身に纏っていく。

衣服を手にするときに隙間隙間で垣間見える、指先まで研ぎ澄まされたその仕草は、とても美しい。

 

君の好みを教えてよ 僕のことを選んで使えばいいんだよ

 

 

その衣服を纏っていた時間は、一瞬だった。あっさりジミンは身に着けたそれらを、脱いでいく。

長い羽織を高く、投げ捨てた。

 

君を連れていくよ 全く新しい世界に  

 


パレットの色を混ぜてフィルターを選ぶ

 


どんな僕が欲しいの

 

 

君の世の中を変化させる 僕は君のフィルターだから 君の心にかぶせて

 


 

 

全てを脱いだ彼は、また始まりの黒シャツのJIMINに戻った。

 

耳元で囁かれているかのような、「OK」という吐息が、聴こえる。

 

 

現れたのはバックダンサー。大きなサングラスを受け取っては装着するジミン。されどあっという間にそれも外しては、ジャケットを羽織ってはまた脱いでいく……。それはお気に入りの人形に、自分の好みの衣装を何度も着せては変えているみたいに。かたや彼はまるで求められる愛に服従しては、翻弄されているかのように。

 

けれど、従順なはずの可愛らしいその男の子は、曲中で変異する。強気な女性を口説くとき、マウントをとってくるかのような意地悪な声が、聴こえる。

 

いつも同じなんてつまらないじゃん

 


 

その通りだ。人生において退屈は、つまらない。

私たちは、欲張りだ。たくさんの色に彩られたいし、色に染まる君が見たい。

カムバックのたびに「新しいお姿をお見せします」とニコリ笑う彼が、頭によぎる。

再びステージ上の彼は、BTSのJIMINに戻っていく。

 

 

楽曲は終盤に差し掛かる。

バックダンサー裏に隠れたジミン。埋もれた先から登場すると、あっという間に全身の衣装が変わっていた。

濃い紫のスーツ姿だ。

 

僕は今まで君が見たことがない 新しいフィルター僕だけで埋め尽くして もっと刺激的なものを新しいフィルターで見られるように僕の心を君に重ねて

 


 

彼は、腰を低く落としては、左右に振る。

圧倒的な男の色っぽい目線を、フィルター越しの「私たち」に送りつけながら。

自分好みに着せ替えをする人形のように愛らしい彼は、そこにもういない。

奥底に閉じ込めた、何かがうずく。それはまるで本能的で解放してはいけないものだと思うのに、彼と目線が合うその途端、抗えなくて、恍惚とした世界に飛んでいってしまう。翻弄されているのは、自分だと気づく。

 

「yeah」とドスの効いた低い声が響く。

中毒みたいに、心はずぶずぶに侵されていく。彼の魅せるエロス漂うこの甘美を知ると、抜け出せなくなる。

 

ジミンのその姿に、酔いそうだった。

10月10日、11日に開催されたBTSのオンラインライブ『ON:E』。それはJIMINのソロ曲『Filter』で魅せた、パフォーマンスのひとつ。

 

・・・・・・・

BTSのすてきなところ”を書き始めて、もう十数本の記事をUPしている。ジンペンな私はやっぱりジン君のブログが多い。

次に多く書いているのは、ジミンについて。それは何故かと考えていたら、上記の楽曲が見事に答えをくれた。

 

ジミンは、きっとクリエイティブを刺激する人なのだと思う。

もしBTS7人のアートディレクションを担当するとして、でも担当できるのは一人だけなら誰を選ぶ?という選択肢があったら、私は迷わず、ジミンを選ぶ。

こちらが考えたアイデア通り、求められる何者にも化けては染まってくれると思う。さらに、想像を上回ったパフォーマンスとアイデアを披露してくるんじゃないか、とも思う。そして私の頭の中以上の画が出来上がるように感じる。

テヒョンはきっと完璧すぎる気がする。ジミンには隙がみえる。その隙をうめたくなってはウズウズする。

この人と「画」のなかモノづくりの空間で遊んでみたい。そんな欲求に駆られるのは、ジミンだ。

 

BTSの曲の中であなたを最も自分らしく感じさせる曲は何ですか?」というその問いに、ジミンは『Filter』をあげた。

彼は、いつでも私たちの求めるものは分ってますよ、と笑顔で言わんばかりに、ステージ上で画面越しにさまざまな顔を見せてくれる。板の上で抜群のダンスを披露しながら官能的な表情を、vliveでのかわいらしいくてあざとい顔も然り。

ジミンは、もともとカラフルで明暗たくさんの色がある人だと思っていた。なるほど、彼自身は「無色」なのか。いやそういてくれているのか。そしてなんと、それが「自分らしい」のか。

私たちが求める色にいつも染まっては、フィルター越しに圧巻のパフォーマンスを魅せる。私たちの欲望に「OK」と囁きながら、予想を上回るパフォーマンスをみせつけてくる。それはまるで、天性のアイドルじゃないか。

 

近頃オフィシャルでBTSについて記事を書くとき「アーティスト」と記載されることが多い。けれど無色な自分が自分らしいと語るジミンは、きっといつだって「アイドル」でいてくれる人だ。

 

そして、アイドルとしての美しさには、時間にきっと限りがある。

私はジミンを見ていると、そんな儚さが漂っているようで、たまに胸が締め付けられる。

自分をその時々何色にも染めて、削るかのように舞台に立つ彼は、刹那的であり、とてつもなく甘美だ。

この一瞬が、いつも美しいひと


 

「何が欲しいの?」と囁く、そんなジミンの甘美な世界に、私は身を委ねては侵されたい。ファンの期待に応えますと話すアイドルは知っても、何色にも染めなよ、とパーフェクトにその欲望に応え、本能にまで訴えては悶えてしまうくらいに翻弄するアイドルを、私は今まで知らなかったから。

 

類稀なるアイドル・JIMINを知った私たちは、ジミンにもう、抗えない。