ゲート6or10フロアAセクションで会いましょう 

BTSのすてきなところ。韓国ドラマやバラエティ。おしごとのこと。

肌を10歳若返らせる私的タカラヅカのススメ

「推し」を「贔屓」と呼ぶのが宝塚歌劇ファンである。

 

とうとう私のスマホのアイクラウド容量が悲鳴をあげはじめたので、せっせと写真を整理している。そして、宝塚で撮影した写真を眺めては「いいわぁ」と癒されている。

 

2017年初頭に私は宝塚歌劇にすっころんだ。その年は恐ろしいほど忙しくて、年始からめちゃくちゃな仕事量を抱えており、出張先から東京に戻る新幹線で「トレンド」をチェックしていたときに「ちぎみゆ」をクリックしたことからそれ(オタク)ははじまった。

 

当時雪組のいちゃいちゃトップコンビの「天使・ちぎみゆ」を見て「え、、、かわいいしかない、、、」とすっかり恋に落ちた私は、会社とマッサージと富士そばの往復のすえ(私は忙しくなると、マッサージと富士そばを食べることだけが楽しみになります)、ようやく春にその仕事が一息ついてから達成感とともにムラ(※劇場がある兵庫県宝塚市のことをこう呼びます)にわくわくしながら向かった。

 

「夢の国やん……」

 

わかる方にしか伝わらないかと思いますが……想像してほしい。当時の雪組を……

トップちぎみゆ、のぞ様が2番手、彩彩がその横にいて、後ろにれいこちゃんとひとこちゃんがいたのですよ……はじめてがそれってね……アカン!!!!

 

オペラグラスを片手に3時間、ぎらつきながら食い入るように舞台を見て、その間にあっさり凪様に恋に落ちた私は、ちなみにこれ本当のお話なので信じていただきたいのですがその後、梅田に化粧品を買いにいって「肌判定」してもらったところ<20歳>をたたき出したのでした。ものっすごい何かしらのホルモンが出ていたんだと思う。どうぞ肌の調子が悪い方は、凪様を見に行ってください。

 

最近は私自身がご無沙汰なのだけれど、うれしいかな「どうやったら宝塚っていけるの?」と尋ねられる機会が多かったので(これはきっとFNSのあーさの功績)、私のこのクラウドに貯まっている写真とともに初心者のための宝塚を、というか自分はこうやって楽しんでましたタカラヅカ……!をプレゼンさせてもらいたい。これあくまで自流の勝手なやつです。

 

①チケットについて

宝塚には兵庫県宝塚市と東京・日比谷に劇場があります。私は「会」(私設のファンクラブ)に入っていなかったので、日比谷のチケットをとるのが難しく、でも実家が近かったのと宝塚という街が異常に好きだったので、おおよそ宝塚大劇場に通っておりました。

チケットはイープラスやローチケなどで購入できますが、すぐ売り切れてしまうので、まずは周囲に「宝塚が!!みたいんですけど!!」と声をかけてもらい、もし「会」に入っている方が見つかればニコニコ顔で「ようこそ!」とチケット手配をしてくれると思います。ちなみに私は友の会カードも作ってなかったので、宝塚劇場に行く度にチケットカウンターで次の公演を購入する、というパターンでした。

 

②宝塚の駅から劇場までの街並みは夢の世界

JR・阪急ともに劇場までまあまあ距離があります。30分前には着いていたい。宝塚駅に降りた瞬間に「くうきが澄んでる!」「ブロンズ像!」「花のみち!」といちいち感動する街並みが劇場まで続きます。

f:id:henshuM:20200201232816j:plain

 

 

③大劇場内を精一杯愉しむ

宝塚大劇場。それはまるでお城のようなたたずまいで、館内には赤いじゅうたんが敷き詰められています。レストランやお土産のショップがたくさん館内にありますが、私はオムライスばっかり食べていました。公演後には狂ったようにグッズを購入してはすみれ色の袋をかかえていました。

あと私が初めての観劇時に圧倒されたのは、ジェンヌさんの名前を紙にかかげてずらっと並んでいる方々の列ですが、この方々は「会」を運営している方なので、もし誰かジェンヌさんのお茶会に行きたいなら思い切って声をかけてみましょう、親切に案内をくださいます。

幕間にはジェラートとアイスコーヒーを購入し、武庫川が眺められる劇場外のテーブル席に座ってほしいです、めちゃんこ癒されます。ここに住みたいと妄想してマンションの値段を検索したりします。

f:id:henshuM:20200201233104j:plainf:id:henshuM:20200201234247j:plain

 f:id:henshuM:20200201234920j:plain

④出待ちをしてみる

公演が終わったあと、駅と反対方向に「花のみち」を歩き続けると劇場裏口が出てきます。花のみちサイドに「眺められる」スペースがあるので、そこのベンチに座って1時間ほど待つとジェンヌさんが続々と出てこられます(この位置で見る人をギャラリーと呼ぶ)。ここで手紙を渡したり、話かけるとかは絶対にNGです。そういう行為がゆるされるのは「会」の方のみなので、静かに見守って「細っっ……内臓は入ってるのだろうか」「足!なが!」「肌がきれいすぎる!」と心の中で興奮してほしいです、めちゃくちゃ近くで拝見できます。

 

f:id:henshuM:20200201233744j:plainf:id:henshuM:20200201233920j:plain

 

 

 

⑤ルマンに行ってサンドイッチを買う 

関西では有名なサンドイッチの名店・ルマンが宝塚にはあります。私は武庫川を渡りながら宝塚南口本店で購入してはまた武庫川を渡って戻ってくるという、風景をひたすら楽しみたい方・散歩が好きな方にはたまらないコースを堪能していました。推奨。

f:id:henshuM:20200201234023j:plain

 

f:id:henshuM:20200201234152j:plain

 

 

⑥ソリオに戻って聞き耳を立てる

おろらくヅカオタの方が出待ち待ち最中などで利用するソリオ。ここのプリンがとにかく美味しいので味わってもらいたいです。

たからづか牛乳 ソリオ宝塚店|ソリオ宝塚

基本一人で劇場に通っていた私は、公演後にソリオの飲食店でごはんをいただきながら、ファンの皆様の声に聞き耳を立てて「わかるわかる」と頷いておりました。

 

 

 

一段落目に戻りますが、ご贔屓と呼ぶには私には恐縮するくらいゆるいファンだったので(会の方々の熱意は本当にすごいです)写真で振り返りつつ、自分のきまま勝手宝塚エンジョイコースに「結局私は公演には旅とかグルメを絡めたい派なんだな……」と自覚しましたが、清く正しく美しくの宝塚は最高に綺麗で観劇後には我は女子!を取り戻せるような感覚になりました。機会がありましたらぜひ!!

 

全然敷居は高くないですよ!!

 

 

ツイッターアカウントつくりました⭐︎

https://mobile.twitter.com/henshumblog